オタク女の手帳 腐女子と小説と二次創作同人誌

同人誌を出すタイプの女オタクの雑記ブログ。同人女の自己肯定感よ上がれ

マシュマロ回答です イベント会場での二次創作作品の探し方

 いただいたマシュマロのお返事です。

 ブログでの回答をご希望の方がいらっしゃったのでこちらで回答させていただきます。

 

▼以下、いただいたご相談です▼

 

 キダチさん、こんばんは。
 いつも動画とブログ楽しんでいます。

 イベントで同人小説の買い方がわからない!という悩みを聞いていただけると嬉しいです。

 

 出戻り同人女です。
 最近ハマった現ジャンルは覇権ジャンルで、自分はどんなカプでも読むタイプです。(雑食?というのでしょうか)
 いつもは漫画中心に買うのですが、キダチさんの動画を聴いて小説に興味を持ち、いくつか買ってみたいなと思いました。
 しかし、そこで壁にぶち当たりました。
 同人小説の買い方がわからない……。

 まず、ウェブパンフをチェックしました。
 サークル名が文字で書いてあるだけのサークルカット……。目に留まらないです。


 Twitterで○○(イベント名)+お品書きで検索しましたが小説はあまりヒットしませんでした。他に違うキーワードで探せば出てくるのでしょうか?
 当日、会場に行くとそこそこ小説サークルはありました。こちらがチキンなのと、昨今の情勢もあり、見本を見せていただくことに躊躇ってしまい、結局お品書き検索でヒットして事前にあらすじ(というかキャッチコピー?)をチェックしていた1冊しか買えませんでした。

 

 どうやったら好みの小説を見つけられるのでしょうか?二次創作物の場合はTwitterやpixivでファンになった人の本を買う感じなのでしょうか?
 私は古の人間なので長編小説は紙じゃないと読めなくて、ネット上で好きな作家を見つけるのはなかなか困難です。ブログやハウトゥ記事ならネットで読みますが、できれば新聞や雑誌のほうがいいし、商業小説は電子より文庫(ハードカバーは重い)がいいです。紙で出している同人作家を応援したいです。

 

 パンフチェック→当日会場でチェック→購入、以外の方法をあまりよくわかっていません。
 小説サークルを見つけられるコツみたいなものがありましたらご教授いただけますと幸いです。

 ほぼTwitterを見ていないので、ブログやラジオでお応えいただけると気付きやすいのでありがたいです。

 

▲マシュマロここまで▲

 

 マシュマロでのご相談ありがとうございます。

 さらに、私のラジオをきっかけに小説に興味を持ってくださりありがとうございます!

 

 小説は、パンフレットのサークルカットを見て、とかその場で表紙を見てとかで選ぶのは難しいと思います。

 皆さん、今は漫画・小説にかかわらず、Webで推し作家さんを見つけてその人の本を目当てにイベントに参加しているように思います。

 絵師さんでも、パンフのサークルカットをメインの宣伝の場と考えている方は、今は少数派なのではないでしょうか。

 

 マロ主さんのおっしゃる通り、Twitterやpixivで見つけてファンになった人のところへと行く方が多い印象です。

 今はどこよりもTwitterが情報が早いので、宣伝や活動の告知の場はほとんどTwitterにしているという作家さんも多いですよ。

 

 もちろん、マロ主さんのように初見で買ってくださる方もいらっしゃるので、そういう人向けに私はあらすじのポップや、ポスターをご用意していますよ。

 

 あらすじなどを詳しくかいていないサークルさんだと、やはり気になったら手に取って読むしかないのですが、声をかけられないのでしたらその方についてWebで調べてみるのはいかがでしょう。

 どちらも難しければ、中身に関わらず推しCPの小説を試しにランダムで買ってみる、という感じでしょうか。

 

 Webで検索するときはイベント名+お品書きで検索するのではなく、イベント名+サンプルで検索するほうが本自体を見つけやすいかもしれません。

 推しカプで検索すると、Twitterで推しカプの考察や妄想を呟いている方がいらっしゃるので、考え方が合う方の作品をチェックしてみるとか。

 

 やはり一番確実なのはpixivに上がっている作品を見て誰かのファンになることだと思います。webで長文を読むのはしんどいですが、pixivには文字を大きくしたり、背景色を変える機能もありますので、画面の明るさ調整などをして読みやすいよう、工夫してみるのはいかがでしょう。

 

 参考になりましたでしょうか?

 マロ主さんのような方にも届くよう、私も宣伝方法を色々試してみたくなりました。ご相談ありがとうございました!

 私も最新の動向はTwitterで呟いているので、もしよかったらTwitterも見ていただけると嬉しいです!

 

【追記】

 マシュマロにて、ご相談をいただいた方から上記の回答へのお礼をいただきました。

 ご丁寧にありがとうございます。

 「今は事前に調べて目当ての人のだけを買いにイベントにいく時代」「イベントへの一期一会が楽しめなくなった」と感じておられるようですが、わたしはそう言いたかったのではなく、

 論点は『小説はぱっと見て中身が分かりづらいもの』なので、『初見だと選びにくい』ということに対するアドバイスです。

 マロ主さんは初めて小説同人誌というものに興味をもたれたと思うので、どうやって買ったらいいのかの基準が分かりづらく相談くださったのだと思ったので、「吟味の仕方」をご提案してしまいました。

 一期一会で買う時は私も吟味はいたしません。

 

 会場で手に取って選びづらいから、皆さんがネットでリサーチしているんですよ、という話をしたつもりでした。もちろん、イベントで初見の方がいらした際、より分かりやすくなるようなポップやポスターを用意するかどうかは、サークルさんの判断によります。

 私は初見さんにも買いやすいよう、中身をなるべくポスター等で掲示しています。

 

 一期一会を楽しむことは今でもできますし、今でも一期一会で買ってくださる方ももちろんいらっしゃいます。

 小説を買う際、イベントでの一期一会を楽しみたいのであれば、中身を気にせず表紙やカップリング名等をみてとりあえず買ってみるのが良いと思います。

 私は同人誌を選ぶ際は慎重ですが、予算が余っている時にぱっと目を引く小説同人誌を見つけたら試しに買いますし、サークル主さんに「初めてあなたの作品を読む人へのおすすめはどれですか?」って聞いたりしています。

 上手く意図が伝わらず申し訳ありません。お力になれればいいのですが。

 ご相談、ありがとうございました!