オタク女の手帳

同人誌を出すタイプの女オタクの雑記ブログ。同人女の自己肯定感よ上がれ

体力が無くても毎日続けやすい!リングフィットアドベンチャーのおすすめセットメニュー!

 

f:id:kidachir:20200726160717j:image

 

 自宅で手軽に筋トレができる、ニンテンドーSwitchのソフト「リングフィットアドベンチャー

 筋トレを毎日続けるのって大変ですが、続けるのにおすすめのメニューがあります。

 それも、柔軟性アップセット!

 継続のコツは「しんどくない」こと!

 「柔軟性アップセット」は、自分の身体がやべえことを自覚しながらやる気を出す、よいメニューなんです。

 

 アドベンチャーにも同様のセットが登場しますが、毎日やるなら「セットメニュー」から「柔軟性アップセット」を選んでください。

 

内容は以下の通り。

・マエニプッシュ

・扇のポーズ

・ねじり体側のポーズ

・折りたたむポーズ

・英雄1のポーズ

 

ひとつずつみていきましょう。

 

マエニプッシュ


f:id:kidachir:20200726160731j:image

 

まずこちらで、自分の身体がものすごく硬いことを自覚します。

やばいです。足は開かないし、ちょっとリングコン押し込もうとするだけでも、結構ぷるぷるする。

「ウソやろ?」と思うことが大事です。


f:id:kidachir:20200726160757j:image

 リングコンを押しつぶすだけ、と簡単に見えますが、この体勢だと押すためには前屈しないといけません。

 思ったより押せないことに、最初はショックを受けるかも。

 

 

扇のポーズ


f:id:kidachir:20200726160804j:image

 

これがまた、手本のように足が開かない。

足を開いた状態で、思うように背筋も伸びません。

びっくりします。私こんなに、身体硬かったの?


f:id:kidachir:20200726160754j:image

 

ちょっとでも上半身を傾けると膝が曲がる~!

とにかく足が硬いことを自覚するメニュー2連続です。

 

 

ねじり体側のポーズ


f:id:kidachir:20200726160741j:image

 

これは私は余裕です。

このあたりで、「できるやん」自己肯定感を高めていきます。

上半身をひねって、体側を柔軟にします。

 


f:id:kidachir:20200726160713j:image

 

難しいとしたら「美しくひねる」ことでしょうか。

私がやると、ゴリラが左右を警戒しているように見えるかもしれません。

 

折りたたむポーズ


f:id:kidachir:20200726160721j:image

 

これはやることは簡単です。上がるところまで上げましょう。

意外と上がらないことに悔しい思いをするかも。現実を受け止めましょう。

 


f:id:kidachir:20200726160750j:image

 

普段の生活ではあまり使わない、二の腕の後ろがよく伸びます。

身体を前に倒す運動ですが、脚を開いているので前屈のしんどさは少なめ。

 

 

英雄1のポーズ


f:id:kidachir:20200726160734j:image

 

 これも私は簡単です。ちょいちょい簡単なものを挟んで、継続させてくれます。

 


f:id:kidachir:20200726160745j:image

 

 ありがたい。ねじり体側のポーズが難しい人にとっては、難しいかも?

 

スポンサーリンク
 

 

毎日続けやすく、成果が分かりやすいのがポイント

 

 このメニュー、筋力をつけるというより、筋肉を使って解すのを目的としたトレーニングです。他のメニューに比べて、「きつくて続けられない」という状態にはなりにくいです。

 自分の身体の硬さをほどよく自覚し「ちょっとやばいかも」「がんばってみようかな」と思わせてくれます。

 そして、続けていくうちに「前より楽にできるようになった」と思えたり、筋肉痛にならなくなったりします。そうすると成果が実感でき、継続する力になります。

 

 ぷるぷるしなくなる。前より脚が開く。前よりも前屈がしやすくなっている。

 など、ちょっとずつでも成果が感じられます。

 

 息切れするようなしんどい筋トレも大事ですが、それを面倒がってリングフィットアドベンチャーを起動しないのでは意味がありません。

 

 Switchを起動し、リングコンを構えることができれば、他のメニューを「やってみようかな」という気もおきるはずです。

 まずは自分が続けやすいメニューを探して、継続することを目指してみてはいかがでしょうか。

 


f:id:kidachir:20200726160726j:image

 

 

こんな記事も書いています。

スポンサーリンク