オタク女の手帳 腐女子と小説と二次創作同人誌

同人誌を出すタイプの女オタクの雑記ブログ。TwitterとYouTubeもやってます。

全力でスプラトゥーン3で遊んでたらなぜか同人活動に気合が入った話

 

 皆さんこんにちは。スプラ3、遊んでますか?

 キダチは遊んでます。全力で!

 

 しかし正直なところ「毎日やりたくてしょうがない!」ってほどドハマリしてるかと言われたら違う。でも毎日遊んでます。それは何故か?

 強くなりたいからです!

 

 スプラトゥーンは1も2も買って遊んだんですが、すぐやらなくなっちゃってたんです。

 理由は最推しのジャンル(同人活動をするアニメ・漫画・ゲーム等の作品のこと)が一番大事で最優先だったから、スプラトゥーンで遊ぶこと自体は二の次だったわけです。

 

 スプラトゥーンは非常に面白いゲームです。しかし、強くなることに上限はなく、勝てば次の強敵が立ちはだかる少年漫画のような世界。

 対戦ゲームは勝てるようにならないと面白くない。エンジョイ勢とかぬるいことは言ってられない。だって自分がエンジョイしてても相手は容赦なく潰してくるからです。

 味方には「塗ってないでキルとれ」「キルとれねえなら塗れ」と思われるからです(被害妄想も入っています)

 

 強くなるにはスプラトゥーン中心の生活にせざるを得ず(大げさですが)当然ながら毎日練習しないといけないし、本気にならないといけない。

 スプラ1が発売した当時、私はどうしても同人活動や最推しジャンルで忙しく、スプラに時間を割けなかったのです。

 

 結果ゲーム人口は減り、歴戦の猛者だけが残り、私みたいな雑魚を相手にしてくれるプレイヤーに友達はおらず、スプラ1はお蔵入り。モンハンも同じ理由で続かなくなっちゃったんですよね~昔は徹夜で遊ぶほどだったのに。

 

 それでも流行りには乗りたい。だってゲーマーだもの。そんな想いでスプラ1を挫折したにもかかわらず2を買った時点で愚か

 同じ過ちを繰り返し結局スプラ2もお蔵入り。

 

 そしたら2022年、スプラ3が出るって言うじゃん。周りは皆買うって言うじゃん。「キダチちゃんも一緒に遊ぼうよ」って言うじゃん。

 遊びたいよ。だって面白いもんスプラトゥーン!お祭りムードに私も乗りたいもん!

 

 しかし頭によぎるのは1と2の挫折&お蔵入り。原稿もある。今このときも推し(公式)が動いてる。YouTubeやブログの更新だってある。

 絶対今回も続かない!そう思ってスプラ3は見送り体勢でした。

 

 今回は買わない!とかたくなになっていた私ですが中学時代からの親友の「今回は買う? またフェスとか一緒にやろ~」という久しぶりの連絡にあっけなく「買う買う~!遊ぼう~!」って返信してしまった。おれはよわい。

 

 そして迷った挙句キダチのTwitter「スプラ3買うか迷ってる」と呟いた。ええ、甘えたのだ、リスナーに。

 結果お題箱に「キダチさん買いましょう!」「話題にしないからお好きでないのかと思ってました」「スプラ3やりましょうよ~!」という声。

 私は「友達が言うから」「リスナーさんが言うから」とぶつぶつ心の中で唱えながら結局スプラ3を買った(リスナーさんありがとう)

 素直になれよ、欲しいんだろって自分で自分に言い聞かせて買った。

 ああ欲しかったとも!私も皆とシャケしばきたいよ!(サーモンランが好き)

 

 さて、買ってしまったからには1と2の二の舞三の舞にはしたくない。二度あることは三度あるが、三度目の正直ともいう!

 スプラトゥーン3を楽しむには、やはり強くならなければ。

 何事も本気でやるのが一番楽しい。それは今までの人生で良く分かってる。

 

 強くなろう!そう心に決めて私はスプラトゥーン3を起動。

 今まではただなんとなくプレイしていましたが、考えて練習するようにしました。

 ブキの特性、コースの特徴を理解するのはもちろん、毎日10分でいいからエイム練習をしたり、1試合でもいいからバトルに参加したりしています。

(エイム=狙いを定めること)

 

(この段落は読み飛ばしても問題ない↓)

 私はキル(相手を倒すこと)をとるより、味方をサポートするほうが好きなので(モンハンでも武器は笛)スプラシューターで塗る!狙われたら正当防衛でキル!みたいな戦いを意識しました。

 ランクが上がったらプロモデラーMGに持ち替えました(2でも愛用していました)

 敵に狙われている味方がいたらボムを投げるとか、勝ってるときは積極的に前に出て敵陣に飛び込む練習をするとか、とにかく考えてバトルしました。

 

 上手な人の動画をみたり、Twitter検索したり(プロモデラーはガチバトルには向いてないことをそこで知る)して知識をつけました。

 こないだ開催されたフェスでは「えいえんの道具派」(一番上の称号のこと)を得るまでプレイ。

 

 いつの間にかなんか強くなってました。

 

 他のガチなプレイヤーに比べたら全然弱いと思います。

 でも勝てる試合が増えたし、塗り貢献度は常に1位で、デス(やられた数)よりキル(やった数)のほうが多くなった。

 私は思った。「めっちゃ楽しい」と。

 

 スプラ1も2も、原稿などで忙しいことを言い訳にちゃんと遊べてなかったんだって思い知りました。

 一生懸命やれば上手くなるんじゃん。考えて練習すれば上達するんじゃん。

 私はそんな当たり前のことに気づきました。

 

 そして、どんどんスプラ3が上達するなか「小説(創作)も一緒だな」って思いました。練習しないと上手くならないし、練習したらちゃんと上手くなる。

 ただ闇雲に数をこなしているだけではダメで、考えて練習することと試行錯誤することが大事。

 上手い人から学び、トライ&エラーを繰り返す。

 なにもゲームや同人に限ったことじゃなくて、何事にも当てはまるなって思いました。

 

 手ごたえを感じると楽しい。本気になると楽しい。勝てると楽しい。

 そして、楽しむためには努力とその先にある「強さ」が必要なんです。

 

 私の大好きな漫画のハイキューでも言ってた。

「勝負事で本当に楽しむためには強さがいる」って。

 

 最初は「毎日やらないと上達しない」という理由で起動していたスプラ3。

 楽しいけど、やらないで寝たい日もある原稿のノルマみたいな感覚で起動していました。

 しかし最近は「スプラ3やりたい!」と思って、すすんで起動するようになりました。

 白鳥沢戦でツッキーが思いっきりガッツポーズとった時みたいに、私にも「その瞬間」が来たらきっともっと楽しくなるんだろうなって思っています(ハイキューネタです)

 

 スプラトゥーン同人活動も、楽しむためには上手くなるしかない!

 上手くなれば大抵の悩みは解決するし、上手くなるためには自分が考えて努力する意外に道はない!

 

 それに気づかせてくれてありがとうスプラトゥーン

 そして、気づいた自分もめっちゃ偉い。

 

 この日記を読んでくれた方も何か感じたら、なんでもいいからまず努力してみませんか。

 言い訳してるより手を動かしたほうが何かを得られます。

「人のせい」「環境のせい」じゃなくて「自分のおかげ」みたいに考えられたらいいですね。

 

 勢いで書いたので文章支離滅裂ですが楽しいってことが伝わったらいいな。

 とりあえずゲームばっかりやってないで、原稿します。

 読んでくれてありがとうございました!

スプラトゥーン3

価格:5,673円
(2022/9/28 13:26時点)

 

スポンサーリンク
 

 

・ ・ ・

YouTubeでは同人活動やオタク活動に関するお悩み相談ラジオ配信を行っています。

チャンネル登録お願いいたします~! 

f:id:kidachir:20201016104655j:plain

Twitterのフォローもよろしくです。

f:id:kidachir:20201016111845j:plain

 

おたよりはこちら(ラジオかTwitterでお返事しています)

※すべてにお返事できませんが、必ず目を通しております。ありがとうございます。

※返信までお待ちいただく場合がございます。

odaibako.net

 

通話ツールなどを使って直接お悩み相談もできます。

 

スポンサーリンク