オタク女の手帳 腐女子と小説と二次創作同人誌

同人誌を出すタイプの女オタクの雑記ブログ。TwitterとYouTubeもやってます。

お疲れイナズマイレブンSD!これが最後でないことを祈ります【頼むぞ日野社長】

f:id:kidachir:20201201103450j:plain

画像:イナズマイレブンSD

 

 ※この記事は、二次創作同人誌の話が多数出てきますのでご了承の上読んでください。

 

 こんにちはキダチです。

 ブログやYouTubeで時々話題にしているイナズマイレブンですが、本日0時をもって、最後の生き残りコンテンツといっても過言ではなかったソシャゲイナズマイレブンSD』がサービス終了しました。

 

 

 すごい面白かったので残念です。

 あんスタにMusicが登場したあたりから、私もあまりプレイしなくなってしまっていましたが、新キャラが出る度にガチャは回していました。

 イナズマイレブン、数年前に一度は終わった作品でしたが、2018年に復活したの嬉しかったな~って思い出しています。今。

 その時出るはずだったゲームまだ出てないし、なんとか続いて欲しい。どれだけ時間がかかってもいいから、再始動してほしいなと祈るばかりです。

 

 レベルファイブのことは、文句を言いつつ嫌いになれないので、こんなことを言うのもアレですが、他の会社に権利委託してもいいと思う。

 

 

イナズマイレブンはオタクとしての私を育てた作品

スポンサーリンク
 

 

 

 イナズマイレブンは、私がTwitterを始めるきっかけになった作品です。

 イナズマイレブンは、私が初めて印刷所に入稿して本を作ったジャンルです。

 イナズマイレブンは、オタクとしての私を育ててくれた作品です。

 

 Twitterを始めたことによって、SNSあるあるのトラブルや人間関係のもつれなどもたくさん経験しました。フォロワーさんに失礼な態度もたくさんとったと思うし、失敗して怒らせてしまったこともあります。

 イナズマイレブンは、黒歴史に直結している作品でもあるのです。

 

 でもその時の経験は今に活きていますし、同じ失敗はしていないつもりです。

 ゲームのネタバレツイッターで不用意に呟いてはいけないとか。

 フォロワーさんの作品やお金や時間が絡んでいる事には迅速に連絡をしなくてはならないとか。

 ため口、呼び捨てでおしゃべりできても、仲良くなったことにはならないとか。

 今では当たり前すぎて笑っちゃうことも、イナズマイレブンで学びました。

 

 当然、今よりも若かったのでエネルギーもありました。

 今思えば「どうしてそんなことで」と思っちゃうような些細なことで一喜一憂しました。

 

 オンリーが2000スペース集まるような全盛期にサークル参加するという経験もしました。

 片手で数えるくらいしかいないカップリングにハマった経験もしました。

 アンソロの主催や合同誌の発行などもイナズマイレブンが初めてでした。

 

 このブログでたびたび愚痴っている、ゆるパクの話とか通話相手に話したこと全部パクられた話とかもだいたいイナズマイレブンで経験したことだったりします。

 それくらい長くいたジャンルでした。

 SNSやオフ本を始めて経験したジャンルだったこともあり、ジャンル移動の時の後ろ髪引かれる感じとか、同カプ解釈違いとか、逆カプとのバチバチとか、そういうのもぜんぶイナズマイレブン

 

 もちろん楽しかったこともたくさんあります。

 公式イベントのために現地に足を運んだり、ゲームの大会に参加したり。

 アニメの展開に涙したり、喜んだり。

 同じ映画を複数回みにいったのも、イナズマイレブンが初めてでした。

 

 もう数えきれないくらい思い出があります。

 キャラもたくさんいるし、ゲームも昔はハイペースでリリースされていたし、必死について行っていました。

 お気に入りのキャラを贔屓して育てられるのがね、すごくよかったんですよ。

 友達と「これが私のお気に入りだ!」好きなキャラだけ集めたチームで対戦するのがすごく楽しかった。

 だから2018年に発売するはずだったアレスの天秤のゲームもすごくやりたかった。アニメでは語られなかった細かいことをゲームで拾うのが楽しみでした。

 

 ものすごーーーく思い出の詰まったイナズマイレブンがこんな形で終わるのが非常に残念で仕方がない。いや終わったとは思いたくない。

 いつか再始動してください、日野社長。めちゃくちゃ待っています。

 

 

こんな記事も書いてたよ

 

これは友達とYouTubeで語ってるときの

 

 

はぁ~~~~~~………

 

スポンサーリンク