オタク女の手帳

同人誌を出すタイプの女オタクの雑記ブログ。同人女の自己肯定感よ上がれ

ネガティブな人の「ネガティブさ」を矯正しようとしちゃダメなんだな

 このブログを運営して長いのに、ようやく腑に落ちた気がします。

 ネガティブな人は、変わらない。変わろうとさせても意味がない。ということに。

 

 

同調してほしいだけで、アドバイスが欲しいわけじゃない

スポンサーリンク
 

 

 

 キダチのブログやYouTubeでは、マシュマロで同人活動に関するお悩み相談を受け付けています。

 私に相談いただけるのが嬉しくて、いつも一生懸命応えています。

 ですがマシュマロって誰から送られてきたか分からないので、追伸がない限りは喜んでいただけたかどうか分かりません。

 

 しかし先日、とあるマシュマロに応えた直後、突然フォロワーさんにブロックされ、別垢から様子を窺ったら「すごく上から目線で説教された」と嘆かれているのを見かけてしまったのです。

 

 しまったなーと思いました。

 アドバイスをくださいと言われたので一生懸命アドバイスをしたつもりでした。

 しかし、お相手さんには「説教」に見えたようです。

 

 さらに「この方は同人作家を全肯定すると言っておいて全否定している」とまで言われてしまっていました。

 現在はそのツイートは削除されていますが、わたしは戒めにスクリーンショットを保存させていただいています。

 

 もちろん全否定はしていません。冷静にご覧になっていただければ、私が同人作家さんを否定したくてこのブログを運営しているとは、誰も思わないと信じています。

 

 しかし、件の方はわたしに「全否定された」と思ってしまったのです。

 だからこれまでは喜んで記事を読んでくださっていたのに、全部が気に入らなくなってしまったのだと思います。

 

 わたしはどうも、ネガティブな相談を受けると、そのネガティブな考え方を矯正しようとしてしまいます。

 たとえば「ネガティブなツイートを連発していると、話しかけにくいと思うので、ネガティブツイートを我慢しませんか?」という主旨のアドバイスをすると、必ずといっていいほどTwitterは吐き出す場所なのでやめられません」と言われます。

 

 また、「良かれと思ってやっていること」に対して、「よく思わない人もいる」と伝えるのも難しいです。

 たとえば、最近「自分の同人誌を無償でプレゼントすると言ったら、相手に煮え切らない態度をとられた」という相談を受けました。

 フォロワーさんに、頼まれてもいないのに作品や同人誌を無償でプレゼントする行為のことです。

 

 「無料なのだから、誰でも嬉しいはず」と思う気持ちは分かります。見返りを求めない心は素晴らしいと思います。

 そして、誰だって自分の本が「いらないと思われる」ことなんて想像したくないのも分かっています。

 しかし、無料で本や作品を渡されることを「押しつけ」と感じる人は多かれ少なかれ居るのです。それは作品が悪いのではなく「気遣い」の問題なのです。

 無料で物を提供すればだれでも気を遣います。お金を払って本を買えば、お互いの立場は対等だから、できればお金を払って買いたいのです。

 そして、多くの場合は要らない本にはお金を払いたくありません。

 そのことを伝えようと思ってマシュマロでお答えしたのですが、もしかしたら相手さんには「私の本が要らないっていうの?」と思われてしまったかもしれません。

 

 ※そのマシュマロにお答えしたタイミングと、ある方にブロック&RT先で酷評されたタイミングが近かったのでそう予想しているだけで、もしかしたら全然違う人かもしれませんが。

 

 

 最近思うのが、相談マシュマロには2種類あるということ。

 

 ひとつは、「何か具体的なアドバイスをください」とあるのを言葉通りに受け取り、私の考えをそのままお答えしてもOKなマシュマロ。

 もうひとつは「あなたは間違っていない」と肯定してほしいマシュマロです。

 

 見分けるのは難しいのですが、後者の場合はどんだけマロ主さんに物申したくても、「あなたは間違っていない」と言うしかないのです。

 

 慰めてほしくて、自分は間違っていないと言ってほしくてマシュマロを送ったのに、私に説教めいた回答をされたらそれは腹が立ちますよね。すみませんでした。

 

 細木数子さんのようにズバリ言っても平気な人もいれば、石井ゆかりさんのように優しい言葉で諭して欲しい人もいるんです。分かりづらい例えですみません。

 そのことを、最近ずっと考えています。

 

 

 ちなみに、このマシュマロと回答のことです。

 

 確かに言葉が強かったな、とか、文章が冷たく見えるなあと思って反省しております。

 おそらくこの方は「煮え切らない態度をとる友達が悪い」という方向で話をしてほしかったんだろうなと、今ならわかります。

 社交辞令という言葉を使うのなら、社交辞令を言わせる状況をご自分で作っていますよ、ということが伝わって欲しかったのですが、そもそも論点はそこではなかったようです。

 もし私の思い違いで、このマロ主さんがとっても喜んでくださっているなら、教えてください。

 

 こういうコンテンツを運営していくなら、もっと上手に回答できるようにならなくちゃ、と身が引き締まる思いです。

 こんな私ですが、何かご相談やアドバイス、応援の言葉等がございましたら、懲りずにマシュマロを送っていただけると嬉しいです。精進してまいります!

 

 ズバリ言ってくれていいですよ!という方は、マシュマロにそう書き添えてくださると、包み隠さないアドバイスや意見が言えると思いますので、わたしが上手に読み取れるようになるまでご協力をお願いいたします。

 

 

こんな記事も書いています。

 

YouTubeTwitterをやっています。

同人活動やオタク活動に関するお悩み相談やラジオ配信を行っています。

チャンネル登録フォローをお願いいたします~! 

f:id:kidachir:20201016104655j:plain

f:id:kidachir:20201016111845j:plain

f:id:kidachir:20201020152445j:plain

 

マシュマロはこちら

スポンサーリンク