オタク女の手帳

健康で文化的な最大限のオタク生活

映画刀剣乱舞の感想をネタバレ無しでオススメしてみる

 皆さんこんばんは!

 遅ればせながら本日、映画刀剣乱舞を見て参りましたので感想を書きたいです。

 

 しかし、まだこれから観る方もいると思うので、この記事はネタバレは無しで、まだ見てない人にオススメする形を取りたいと思います。

 

 見るかどうか迷ってる方の参考になればと思います。

 しかし、確信的なネタバレは避けますが、なんの先入観もなく観たい方はご遠慮くださいね。

 

 

とにかく戦闘シーンの迫力が凄いので見て欲しい

 

 

 ストーリーのことを話すとネタバレになってしまうので演出の話を。

 殺陣(たて)と呼ばれる戦闘シーンのアクションがとにかくすごかったです。

 

 やや寄り気味のカメラワークでしたので、アクションを引きで観たい方には惜しい点かもですが、

 役者の顔を見せたいんだなーって思うのでその点は私は良かったです。

 

 背景で動く敵モブの動きまですごい!

 細かく戦闘シーンが動いておりました。

 

 今回の中心的ポジションである三日月宗近は、これでもかと言うほど美しく戦闘シーンが描写されていましたね。

 

 もちろん、他の刀剣男士もめちゃくちゃかっこよかったです。

 

 とにかく全員顔がいい。

 戦闘シーンの迫力、刀剣男士のかっこよさや美しさを思う存分楽しめます。

 

 とくに、今回のレギュラーである8振や、役者さんに推しがいる人は見るべきだと思いますね。

 

 ストーリーも良かったですよ。

 ネタバレになるので詳しくは言えませんが「なるほど、そういう解釈もあるのね」となりました。

 

 織田信長などの歴史上の人物も登場しますので、刀剣男士以外の登場人物も見応え抜群でした。

 

 個人的に、織田信長側近の森蘭丸がいい感じで嬉しかったですね。

 不動くんも今回レギュラーですし。

 

 わたしは不動くんが実装されたころには刀剣乱舞にログインしなくなってしまってたので、

 不動くんについてはよく知らなかったのですが、今回の映画を見て不動くん好きだな〜って思いました。

 

 

予防線を張った方がいい部分もある

 

 メディアミックス展開をしている刀剣乱舞、今回は映画化をした訳ですが、

 刀剣乱舞というコンテンツに思い入れが強すぎる人は観てもいいものか迷うと思います。

 

 正直、心に予防線を張った方がいい部分もあります。

特に歴史考察が好きな方、審神者の解釈に敏感な方は要注意かも。

 

 「とある本丸のお話」として解釈すれば大丈夫!という方は大丈夫だと思いますが、不安な人は覚悟してから見に行ってくださいね。

 

 しかし、多少納得出来ない部分はあっても、戦闘シーンはぜひ、劇場の大きなスクリーンで観ていただきたい!

 

 

刀剣乱舞のゲームをやった事がない人への入口としては良いかも

 

 そして最後に、刀剣乱舞というゲームはやったことないけど、映画は見てみようかな…という方、

 入口としては映画は手軽でいいかもしれません。

 

 今ゲームを始めると、映画のメインの8振がもらえるので楽しく始められますよ。

 

では、今回はこの辺で。

今度はネタバレありの感想を書きにきますね。