オタク女の手帳

健康で文化的な最大限のオタク生活

ヒプマイの顔面が欲しい!?ヒプノシスマイクのフェイスパックが乾燥させた状態でトレードされている現状がすごい

 朝寝ぼけ眼でツイッターを観たら、フォロワーさんの一言に目を奪われました。

「えっ、ヒプマイのフェイスパックって交換とかするの? どうやって?」

 

 ん?と思いました。眠くて頭の働かない私でも疑問に思いました。
 フェイスパック、中身がランダムなら開封しないといけなくない?
 開封したフェイスパックを交換してんの?衛生面大丈夫?

 

 一体どうやって交換しているのか気になったので調べてみました。

 

ヒプノシスマイク Fling Posse VS 麻天狼

新品価格
¥1,500から
(2019/1/18 16:05時点)

 Twitterで、ヒプノシスマイク フェイスパック 交換」で検索したらほんとに交換を募集している人がいました!

 

 彼女たちは真剣なので引用は控えますが、皆さんも興味があったら検索してみてね。

 

 ほえ~すっごい!
 私も長くオタクをやっていますが、こういうのは初めて見ました。
 否定はしないですし、欲しいものは欲しいので、交換という手段をとるのは正解かもです。

 

 しかし、フェイスパックを乾燥させるという手間をとってまで交換したい!という愛がすごい。

 マスクして手袋してラップの上に広げてるの。何かの実験でしょうか。

 

 そこまでして推しの顔面が欲しいのですよね、たとえフェイスパックとして使えなくても。
それてすごい愛だと思うんですよ……。


 私だったら「ランダムかぁ~今回は見送りで」って思って買うのをやめるか、もしくは推しが出なくてもランダム性を楽しみ、出た顔でパックして一人でげらげら笑っておしまいにしますね。

 

 

ほんとですよ。
いつもヒプノシスマイクには驚かせてもらっています。

 

 コレクターさんにとっては、推しのグッズが発売するなら絶対に欲しい!と思うのが普通だと思います。
 それがコレクターの最上位としての在り方。

 

 しかし、何故違和感がぬぐえないのだ?と思ったら、そう、フェイスパックが消耗品だからなのでは!?と思いいたりました。
 しかも推しの顔面ごと消費される。パッケージは共通で、ケースとかは残りません。

 

 ましてや他人が開封したものを顔に貼るわけにはいきませんし、乾燥させたものはもはやフェイスパックではない。化粧水、蒸発してますし。

 

 乾燥してしまったらもはやただの紙。ちょっとしもぶくれた面白い顔の推しの顔の紙が残るだけです。

 でも推しは推し。欲しいですよね。

 

 私はヒプノシスマイクに特に推しはいないのですが、大好きなジャンルでトレーディングフェイスパックが出たらトレードとかすんのかな……。
 いや、しないな。ヒプマイの民に敬意を。新しいオタク文化を見させていただきました。

 

 

 そうこれ!せめてもう一段階袋に入ってたらなあ~と思います。
 「トレーディング」って名前なんだからトレードしやすくするべきだったかと。
 交換して推しが手元にきた方、一体どう保存するのでしょうか。
 純粋に興味があります。

 

 

 どこまでも話題が尽きない、楽しそうなジャンルだなあと思いました。

 また何か新しいことをしてほしいですね。

 

 ちなみに今回交換されていたフェイスパックは、

 ヒプノシスマイク × 有楽町マルイ 1.17-2.5 優勝記念ヒプマイフェア

 にて販売されていた限定グッズだったようです!