オタク女の手帳

健康で文化的な最大限のオタク生活

絵が描けないから小説を書いているわけではない 

 「同人誌」という世界には、色んな人がいます。
 イラストをまとめた画集を作る人、マンガを描く人、小説を書く人、
 いろいろです。

 

 とりわけ腐女子の同人界隈では
 マンガか小説か、絵か文かに
 大きく分かれると思います。

 

 この記事では、自己紹介も兼ねて
 「文字書きは面倒くさい!」という話をしたいと思います。

 

 わたしだけではないと思います。
 文字書きって、だいたいめんどくさいことを考えています。

 

 もちろんすべての文字書きが、こういう考えをもっているという訳ではありませんし、人によって「面倒臭さ」の度合いはさまざまでしょう。
 全然面倒臭くない文字書きさんだっていると思いますし、
 いるならぜひお会いしたいものです。

 

 では、文字書きの面倒臭さについて
 わたしの例で順番にお話ししましょう。

 

 

スポンサーリンク
 

『絵を描けないから小説を書いているのではない』と言う。


 同人界隈で小説を書いていたら、一度くらいは
「私は絵が描けないから小説を書いているわけではない」

 と言い訳したことがあるでしょう。

 

 最初から文章を書くことを選び、今まで一途に文章のみを追い求めている人もいると思いますし、文章を書くのが好きだからこそ、小説で同人誌を発行しているのだと思います。

 

 けれど、同人誌を書きたいと思ったとき、
 『絵が描けたら』『漫画が描けたら』と思ったことが誰でもきっと一度はあると思います。

 

 絵を描く練習をしている文字書きさんを見た事が何度もありますし、わたし自身も絵を描く練習をしていた時期があります。

 

 ですがわたしの場合、絵が上達するまでの時間や努力を、文章に注ぎたいと思ったことで、絵の練習をやめました。

 

 これはわたしの努力不足なのですが、上達しない自分の絵を見ているよりも、文章を少しでも多く書いて発表するほうがはるかに楽しいことに気付いたのです。

 

 そこで初めて、自分は文章を書くことが好きなんだと実感しました。

 けれどやっぱり、文章を書くのが好きだと素直に言えばいいくせに『絵が描けないから文章を書いているわけではない』って言ってしまうし、思ってしまうんです。

 

 文章でやっていくと決めてからも、絵を描ける人が羨ましいという気持ちはあります。
 やっぱり、同人界において絵や漫画がもつファーストインパクトは強いです。

 そもそも、自分を「小説書き」ではなく「文字書き」と言っている人が多いのも『自分の書くものは小説とはいえないかもしれない』という劣等感によってできた文化だと思います。

 

 一瞬で人の目を引くことができるイラストに、劣等感を抱かない文字書さんのほうが少ないでしょう。
 だって、私たちはプロの作家ではないのですから。

 

 絵を描けなくて文章を書き始めたのがきっかけでもいいんです。
 文章を書くのが好きなら、同人小説を書き続ければいいのです。

 

 「二次創作をしようと思った時、絵がかけなかった」
 「二次創作がしたくて絵の練習をしたが挫折した」
 そこで終わらなかっただけでも偉いと思いませんか?

 

 絵や漫画が描けなかったとしても、わたしには文章が書けるのですから、それがより良い小説になるように、楽しんで書けばいいのです。

 

 絵(漫画)と文章(小説)は同じ同人作品でも性質が違います。

 

 どちらにも良いところがあり、
 どちらにもメリットがあります。

 

 まずはそこを開き直るところから始めましょう。
 絵や漫画の同人誌に劣等感を抱くのは仕方がないのかもしれませんが、どうせならそれをバネに、すごい小説書いてやる!と意気込んでみたらいかがでしょう。


 小説は読ませたらこっちのものなんです…!

 なので、絵が描けないから小説を書いているというその選択に、自信を持ってください。

 いつか、小説が得意だから小説を選んだ!って言ってやりましょう。

 

 

こちらの記事もどうぞ

www.kidachi-news.me

スポンサーリンク